Kailhの赤軸スイッチ3種を比較

デバイス

Kailhの赤軸キースイッチは3種類あります。

「Kailh Pro Burgundy」、「Kailh Box Red」、「Kailh Box Red Pro」です。

3種とも購入し、実際にタイピングして使用しました。

今回はKailhの赤軸のスペックや使用感を比較していきます。

Kailh赤軸のスペック

一部情報を遊舎公房さんから引用させていただきます。

Pro Burgundy

Kailh Proシリーズは一般的なスイッチに比べストロークと接点が少し浅くなっています。

スイッチの動作もなめらかになっているようです。

BurgundyはリニアタイプのProスイッチです。

Box Red

Kailh Boxシリーズは軸が箱型になっており、スイッチを押したときのブレが軽減されています。

またIP56等級の防水防塵性能があります。
防水性能については、波浪または全ての⽅向から強い水流を受けても影響がない。
防塵性能については、粉塵が侵入する事を防止する、とのことです。

RedはリニアタイプのBoxスイッチです。

Box Red Pro

Box Red Proは、上記のBox Redの性能そのままに押下圧を軽くしたものです。

Redが45gfなのに対し、Red Proは35gfです。

表で比較

Pro
Burgundy
Box
Red
Box
Red Pro
押下圧 50gf 45gf 35gf
ストローク 3.6mm 3.6±0.3mm 3.6±0.3mm
接点 1.7mm 1.8±0.3mm 1.8±0.3mm

Kailh赤軸の使用感

Pro Burgundy:なめらか

非常になめらかな押し心地です。

押し始めに30gf、最後まで押すのに70gfの力が必要です。

かかる力の変動が大きいこととストロークの短さが合わさることで、なめらかに感じるようになるのでしょうか。

適度な反発力があってなめらかに指を押し返してくれます。

指離れが良いため高速タイピングに向いています。

コトコトと控えめに心地よい音がします。

Box Red:歯切れが良い

適度なスイッチ感があります。

押下圧が40~60gfと変化が少ないため、すっと底打ちができます。

そのためOn/Offがはっきりしておりメリハリがあります。

音はカタカタという軽めの音がなります。

Box Red Pro:軽い

Box Redの感触をそのまま軽くした感じです。

力を入れにくい小指や薬指で押すと、より顕著にRed Proの軽さを感じられます。

全体として必要な力が少ないので、よりスイッチ感があります。

反発力は小さいので指離れを意識する必要があるかもしれません。

音はBox Red同様カタカタという音です。

表で比較

Pro
Burgundy
Box
Red
Box
Red Pro
特徴 なめらか メリハリがある 軽い
コトコト カタカタ カタカタ
イメージ 絨毯 スイッチ プラスチック

まとめ

Kailhの赤軸スイッチ3種を比較しました。

私はPro Burgundyのなめらかな押し心地を最も気に入りました。

メリハリのあるスイッチ感が好みの方は、Box Redがおすすめです。

軽さを求める方には、Box Red Proが最適です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました