スラストマスター T150 レビュー 初めてのハンコンに最適

今回はThrustmaster製のハンコン「T150 Force Feedback」をレビューします。
私にとって初めてのハンコンであり、Assetto Corsa, Project Cars 2, Forza Horizon 4等のPCレースシムで一年間ほど使用した上でのレビューです。

T150はエントリーグレードのハンコンのため、本記事はハンコン初心者を対象としています。初めてのハンコンを買いたい、ハンコンを体験してみて気に入ったらステップアップしたいとお思いの方の参考になれば幸いです。

Thrustmaster T150 とは

フォースフィードバック(FFB)に対応しているエントリーグレードのThrustmaster製のハンコンです。現在の価格は2万円前後でしょうか。FFBに対応しているハンコンの中では最も安く買えます。

このハンコンはFFBに対応しているということがミソです。T80やRacing Wheel Apex等のより安価なハンコンはFFBに対応していません。レースゲーム、もといレースシムをプレイするためにはFFBは必須と言えます。

ステアリングホイールの直径は28㎝、ロックトゥロックは1080°、金属製のパドルシフト。ハンドルはプラスチック製ですが安っぽい印象はなく、フォースフィードバックは丁寧で違和感もありません。上位機種のT300にも劣らないほどの高品質な出来だと思います。

ペダルユニットは2ペダル仕様のもの。プラスチック製でとても軽く、テンションもふにゃふにゃ。ブレーキペダルを踏みこむと本体が浮いてしまいます。ステアリングホイールに比べるとかなり見劣りします。T150 proという3ペダル仕様のものもありますが、そちらだともう少しましなのでしょうか。

T150の使用感

ステアリングは土台を机に挟む形で使用します。しっかりと固定されてプレイ中にずれることはありません。ペダルは前述の通りブレーキを踏みこむと浮くことがあるので何らかの方法で床に固定する必要があります。もちろんコクピットを所持していればそちらで使用すると最適ですが、その場合はもっといいハンコンを買うことをお勧めします。

さて、肝心のフォースフィードバックについてです。ネット記事ではよくFFBが弱い、精度が悪い等のネガティブな意見を見かけますが、そんなことは感じませんでした。私にとって初ハンコンなのでまずはFFB自体に感動し、またFFBも必要最低限以上によくできていると感じました。

ゴリゴリ感はあまりなくスムーズに回転してくれますし、路面の状況をしっかりと伝えてくれ、タイヤの状態も的確に感じ取ることができます。ハンドルの剛性が十分にあり軽いため、FFBのパワーが少なくてもハンドルへの情報の伝達ははっきりしており、その情報をハンドルからしっかり感じ取ることができます。

FFBによって路面の凸凹やタイヤのグリップ、荷重のかかりなどを明確に知覚できるため、本当に車を運転している感覚に浸れますし、車をコントロールする楽しみを味わうことができます。レースはもちろん、クルージングで運転をしているだけでもとても楽しいです。

初めてのハンコンに最適

T150はFFBに対応するハンコンの中では最も低いグレードですが、FFBの出来はとてもよく、ハンコンの面白さを十二分に体験することができます。

ゲームをあまりしない人やハンコンを使ったことがない人からすると、T150の2万円も高く感じてしまいますが、好きな車を好きなように走らせられるシミュレータ環境を2万円から構築できると考えるとかなりお得だと思いませんか。数億するような高級車やF1マシンをどれだけ廃車にするのもあなたの自由です。

Thrustmaster T150は初めてのハンコンに最適です。お値段以上のFFBの出来でレースシムの面白さを引き出してくれます。初めてハンコンを買ってみたいという方や、レースシムを始めてみたいという方はこのT150がおすすめです。そしてハンコンやレースシムが気に入れば、T300やFanatecにステップアップしたりコクピットを整えたりしていくのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました